スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実は。。。。

さて話は変わって、花粉症に関わる話題。
 武田邦彦氏(中部大学教授)のブログ『花粉症で苦しめさせるために杉を切らせない環境省』(平成23年3月11日)が面白かった。

 花粉症はたぶんに認識が引き起こす[「病ではない病」であるが、スギ花粉が多くなった事実はある。だから鼻に刺激がくることは私も否定はしない。
 そのスギ花粉が多くなったのは、国の、というより役人の罪なのだと武田氏は説く。
 以下に引用させていただく。

        *         *        *

 「戦争ではげ山になった日本の森林を守ろうと、戦後まもなく、つまり60年ほど前、盛んに植林が行われた。その時に「杉」が植えられた。
「杉」というのはおおよそ40年から50年経つと伐採して材木として使用する.庭の木で分かるように樹木というのは成長する。
 (中略)
 戦後に植えた杉は今から20年ほど前から順次、伐採し、日本の林業を盛んにしなければならなかった。何しろ日本は世界でも3大森林国に入る。
・・・・・・・・・
 ところが、利権に巣くう環境省と環境団体が「樹木を切るな」という奇妙なことを言いだし、NHKや朝日新聞が後押しをして杉を切らなくなった。
 もちろん、杉は寿命が来るので、盛んに花粉を出す。1960年頃から日本に花粉症という新しい病気が発生したが、この病気は「自然に起こった」病気ではなく、環境省と環境団体、NHK、朝日新聞が共同で作り出した「人為的な病気」である。
・・・・・・・・・
 まず、花粉を出すような樹齢の高い杉を切らなければならない。
 環境省は「花粉情報」を出しているが、これこそ「自分で病気を作って、自分で仕事を作り出す」という方法で、世に「マッチポンプ」という。「花粉症を無くすのに早く杉を切れ」というと、環境省やNHKは「CO2がでる」というだろう。
 もともと森林はCO2を吸収しないが、老齢な樹木はCO2をだすことはあっても吸収することはない。もし杉を切って有効に使い、植林をすればCO2は若干、吸収する。
・・・・・・・・・
 花粉症の補償は、環境省、環境団体、NHK、朝日新聞が私費を出してするべきだ。
 その次に、早期に杉を切って日本の森林をよみがえらせること。

 あまりにバカらしい。自分たちで杉を植え、伐採して木材として利用すべき時に利用せず、花粉症で苦しみ、それで甘い仕事を作って甘い汁を吸う。
 そんなことにも異議を申し立てられないぐらい弱い日本人になってしまった!!
 環境省は日本人を苦しめるのに躍起だ。ゴミは焼却しているのに分別させる、ダイオキシンは無毒なのにたき火をさせない、温暖化は日本に被害をもたらさないのに高い電気を買わせる、花粉症で苦しんでいる人が多いのに杉を切らせない・・・いったい、あなた方はどういう人たちなのだ? 
http://takedanet.com/2011/03/post_d27c.html
       *          *          *
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジンフリークス

Author:ジンフリークス
TOYOMATEってのをのりで作ってしましました。

みんなが楽しく過ごせる社会を作っていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。