スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今アメリカでは・・・

アメリカでは野菜栽培禁止令が出ているらしい。

こんなことが日本でも動き始めると、日本の土地で日本のものがつくることさえできなくなる。

ひいては、日本の林業や農業もすべて大資本の名の元にとられてしまう。

スポンサーサイト

アクセスしやすいように

TOYOMATEとは、「とよめいと」と読みます「トヨメイト」でも良いです。
グーグル検索でtoyomateでも出るようにしたいと思います。
ちなみにオンラインストレージで情報の共有化も図りたいと思います。

https://www.sugarsync.com/referral?rf=bj8si0g59fkfw

↑はクラウドコンピュータみたくするのに便利です。情報の共有化のためにファイルなどを相互に見ることができるサービスです。SugarSyncというオンラインストレージサービスです。

がんばれ隠れた開発者!

このブログを書くことになったきっかけの「エコウットテック社」でははるか30年前から
「壁柱工法」なるものを考案し、テレビ局のCBCの取材も受けていたそうです。

しかしながら、この壁柱工法は当時の建築基準のはるかに上回り、あまりにも丈夫すぎて当時は理解されなかったそうです。(

いつの世にも埋もれた発明はあるものなのですね。

時は現代、住友林業さんが最近BF工法なるものでCMをバンバンうってますが、この考えは「エコウットテック社」がすでに確立していたものなのです。

また、エコウットテック社は商品開発の根底には「山の活性化」「人々の暮らしを豊かに」などの想いがかさなりできあがっています。
みなさん、この「壁柱工法」のエコウットテック社を応援してあげてください。⇒

当ブログでもTOYOMATEなる名をつけたように仲間を広げていきたいと思っています。

こんな記事を見つけました。「木づかい友の会」より

日本では古くからさまざまな形で生活に木を採り入れ、「木の文化」をはぐくんできました。現在も、自然素材である木のよさを生かした地球環境にやさしい製品が、たくさん生み出されています。

1300年以上の歴史を持つ法隆寺を支える材はヒノキ
日本書紀には「スギとクスノキは舟に、ヒノキは宮殿に、マキは棺に使いなさい。」と書かれています。ヒノキは古い時代から宮殿建設用として最適で最高の材となることが知られていました。
木のある空間は健康空間
身も心もリフレッシュできる森林浴。森林で爽快感を体験した人も多いと思います。この効果をもたらすのは「フィトンチッド」と呼ばれる森林の香りの成分です。
檜(ヒノキ)と杉(スギ)で守られてきた正倉院の宝物
シルクロードの終着点・国際都市「奈良」。 今から1300年ほど前、奈良の都は、中国や遥かペルシャなどの大陸各地から、シルクロードを経由して人々が集まる国際都市だったそうです。そのため学問、芸術、宗教など文化にまつわる多種多様な文物も集まりました。
日本の森林を育てる「国産材割り箸」
日本は「木の文化を持つ国」で、割り箸を発明した「割り箸の文化」を持つ国でもあります。江戸時代に発明され、飲食店とともに普及してきました。現在は、割り箸利用による環境的な効果、経済的な効果、資源リサイクルによるエコロジー等の付加価値が見直されつつあります。
檜葉(ヒバ)に秘められた人に優しいパワー
ヒバの別称は「アスナロ」。その由来は「明日はヒノキになろう」などと言われ、檜(ヒノキ)に劣るようなイメージをもたれています。しかし、ヒバの持つ独特の芳香成分により、枯死しても芯まで腐らないほどの耐久性があり、木材としては、ヒノキにひけをとらない優良材です。
プロフィール

ジンフリークス

Author:ジンフリークス
TOYOMATEってのをのりで作ってしましました。

みんなが楽しく過ごせる社会を作っていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。